不動産投資信託や中古マンションをう活用する方法|利益が出る法則

不動産

投資で望める事

通帳

投資にはハイリスク・ハイリターンといったものもありますが、不動産経営は元手がゼロにならないため、リスクを抑えてリターンが望める点が人気です。不動産経営の特徴として、利益を望んで不動産に資金を投入する行為であり、自己資金や土地に余裕があればその分手堅い運用が可能です。

メリットに注目しよう

グラフ

利便性に注目しよう

資産運用の手段として株式投資やFX投資をする人もいます。一方で、株式投資やFX投資は価格変動が大きく、予想と反した値動きをした場合に損失が大きくなるため、敬遠する人もいます。株式投資やFX投資を敬遠する人は不動産投資に流れることが多く、家賃収入で安定した利益を上げようとしています。しかし、中古ワンルームマンション等の実物不動産の場合、売買をするたびに安くはない仲介手数料や登記などの事務手数料がかかり、キャピタルゲインを得ることが容易ではありません。そのため、結果的に長期間保有してインカムゲインを確保しようとするのです。しかし、最近では不動産投資に似た新たな投資商品として、その利便性から上場不動産投資信託が人気を集めています。

手数料が安いです

上場不動産投資信託はマンションやオフィスビル、商業施設などの収益物件を保有して運用する仕組みで、直接的に所有権を保有できないものの、家賃収入をもとにした分配金をもらうことができます。1口数十万円程度から投資できる銘柄が多く、さらに株式市場で株式と同様の仕組みで取引できる点が特徴的です。売買における手数料も株式売買手数料と同じなので、実物不動産とは異なり、売買に大きな諸費用が掛からず、少しの値動きでキャピタルゲインを確保することができるのもメリットと言えます。現在、50銘柄超の上場不動産投資信託が取引されており、複数銘柄保有することで分散投資の効果が高まります。上場不動産投資信託は安定志向を求める投資家にとって適した投資商品と言えます。

理想の収益を得る

パーキング

コインパーキング経営を行なうときには、土地について事前にリサーチすることが大切になります。土地に関して調べておくことで利用者が多く理想の収益を上げることができるようになります。

利回りが高く安い物件

マンション

不動産投資の中でも中古マンションは、新築よりも利回りが高く、価格も安くなっているのでとても魅力的な物件になっています。これから投資を始める人達にもってこいの物件になるでしょう。